明日へすすもう!プリキュアミラクルリープ スクラッチラリー 開催期間:2020年10月24日(土)~11月23日(月・祝)
アポロ・ルシアス「シネマフォトスポット」誕生!
毎月20日はアポロ・ルシアス抽選会。最大20,000円分のアポロビル・ルシアスビルでご利用いただけるお買い物・お食事券が当たる!
得得割引!!!
アポロビル・ルシアルビル地下駐車場
アポロビル・ルシアルビル&あべのアポロシネマ の公式LINEサービス。
アポロビル・ルシアスビルでの新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組とお客様へのお願い

【営業時間についてのお知らせ】

6月26日(金)から通常通り営業いたします。

営業時間 10:00~21:00 物販店(ショップの一部)
物販店舗(アポロビル地下1階~2階・ルシアスビル1階~2階)を6月26日(金)から10:00~21:00といたします。

※一部の飲食店・ショップにおいて休業や営業時間変更を行う場合がございます。
※一部の飲食店・ショップにおいて営業時間が異なる場合がございますので、ご注意願います。

営業時間
  • グルメ
    7:00~24:00
    ※店舗により異なります。詳しくは店舗詳細をご覧ください。
  • ショップ
    10:00~21:00
    ※店舗により異なります。詳しくは店舗詳細をご覧ください。
  • シネマ
    8:00~23:30
    ※時期により異なります。

※年末年始は除く。定休日は店舗により異なります。

駐車場
雨に濡れない、阿倍野・天王寺の320台収容地下駐車場 月極駐車場“空あり”募集中!
営業時間 7:00~24:00

平日 250円/30分 最大料金 2,000円(入庫当日に限り)

土・日・祝 300円/30分

クレジットカードもご利用可能になりました。

VISA MasterCard JCB AMERICAN EXPRESS Diners Club INTERNATIONAL

駐車場の状況 空

※駐車場情報は実際の情報の反映が遅れる場合がございます。予めご了承ください。

  • instagram
  • twitter
P
くわしくは
こちら
Free Wi-Fi

占い・グルメ・カラオケ
ブックランキング

  • instagram
  • twitter

SHOP NEWSショップニュース

TOPICSアポロビル・ルシアスビルのお知らせ

CONTENTS INFORMATION占い・グルメ・カラオケ・ブックランキング

ブックランキング

2020/10/12~2020/10/18 喜久屋書店調べ

喜久屋書店

  • 82年生まれ、キム・ジヨンチョ ナムジュ 著
  • 大阪環状線、御堂筋線古地図さんぽ生田 誠 著
  • デザインのひきだし41グラフィック社編
  • 「繊細さん」の本武田 友紀 著
  • 都構想の真実 「大阪市廃止」が導く日本の没落藤井 聡 著

カラオケランキング

9月のランキング
[カラオケJOYSOUND 天王寺アポロ店 提供]

  • 香水瑛人
  • 中島みゆき
  • マリーゴールドあいみょん
  • PretenderOfficial髭男dism
  • 紅蓮華LiSA

CINEMA RANKINGあべのアポロシネマランキング

PG12)劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
PG12)劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

果てなく続く
無限の夢の中へ―

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。
そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。
禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。

  • きみの瞳が問いかけている ©2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 ©2020 Gaga Corporation / AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
    きみの瞳が問いかけている

    目は不自由だが明るく愛くるしい明香里と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁。小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にした――かに見えた。
    ある日、明香里は、誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。以来、ずっと自分を責めてきたと言う明香里。だが、彼女の告白を聞いた塁は、彼だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気付いてしまっていた――。

  • 夜明けを信じて。 ©2020 IRH Press
    夜明けを信じて。

    1991年7月15日、東京ドーム。この日、宗教家・一条悟の大講演会がはじまろうとしていた。マスコミも大々的に報じ、日本中が注目する一大イベントの模様をレポートしているアナウンサー・立花美穂。そのテレビ画面を見ている裁判官の水瀬千晶。そして郷土の母や学生時代の友。さらにかつての会社員時代の同僚や上司たち―それぞれの胸に去来する悟との日々が回想される―四国の小さな町に生まれ、一流大学を経て大手商社に就職。若くして社長候補と期待されるエリートの道を歩みながら、突然退職し、姿を消した一条悟。なぜ彼は、約束された将来を捨て去り、宗教家になることを選んだのか。
    どうして愛する人たちにも何も告げずに、ただ一人往くことを決めたのか―そして、いよいよ大講演会の幕が上がりはじめる。

  • 浅田家! ©2020「浅田家!」製作委員会
    浅田家!

    二宮和也×浅田政志×中野量太が贈る、笑いと涙の感動実話! 「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“一風変わったコスプレ家族写真”だった――